DMを作ってもらう料金は内容で変わります

DMは企業にとって、新商品が出たというお知らせから販売促進のために送ることが多いです。特に、お得意様などに送ることによって、また購入をしてくれる確率が高くなります。そして、料金に関しては、ハガキの大きさやデザインなどによって変わってきます。一般のはがきサイズで圧着タイプのものでは安いところでは一万通を作り送ることで一枚当たりの単価が70円程で送ることができます。もちろん、大量に作ることによって単価を抑えることができます。そして、依頼をするときには宛名リストとデザインを送ることによって後は、印刷から発送まで行ってくれます。そして、カタログなども代行して送ってくれる業者があり、封入まで行ってくれるのでとても楽に顧客に送ることができます。もちろん、先ほどのもあったように大量に送ることによって料金を安く抑えることができます。

色々なDMを手軽な料金で送れます

DMにはいろいろな種類があり、広告のはがきからカタログなどがあります。その中で、カタログに関しては自社で行う場合には封入を宛名を貼って送るという手間がかかります。しかし、それを代行して行ってくれる業者があり、料金としても手ごろになっています。その料金には、配送料のほかに封筒に印字をする手数料などが必要になります。そして、一般的なカタログを送る場合には100部では単価が130円というところがあり、その部数を多くして500部にすることで単価を安く90円程にできるところもあります。ほとんどの業者が行っていて、どのくらいの金額になるのかは事前に見積りをしてもらい判断が必要です。そして、どのように送られるのかをサンプルとして受取って確認もできます。しかも、発送業者を選ぶこともでき、安心して任せることができます。

DMを出す場合にかかってくる料金

DMを送付することもあるでしょう。郵送で対応をするともなると料金も高くなってしまいます。最近ではFAXでも対応をすることが出来るようになっていますし、メールでも対応をすることが出来るようになっています。メールの場合にはかなりコストを抑えることが出来るようにもなっているので、かなり便利です。郵送で対応をしたいと考えている場合には、DM作成から発送まで段階があります。手間もかかってしまうので、自社で対応をするともなるとかなり時間も掛かる可能性があります。今は一括で郵送まで行ってくれる専門業者があるので、利用をしてみるとよいでしょう。手間も時間も料金も抑えることが出来るようになっているので、かなり便利です。色々な方法で発送をすることが出来るようになっているので、どの方法がベストなのかも考えておくとよいでしょう。